295 views

ROOT権限でrsyncとsshとcrontabを用いて自動バックアップシステムを構築したときの備忘録です。

サーバマシン(バックアップ元)

ROOT権限ユーザー

バックアップフォルダ:/var/www/cgi-bin/fswiki(フォルダ。ファイルでも可能)

代用PC(バックアップ先)

一般ユーザ:user

バックアップ保存フォルダ:/var/www/cgi-bin/fswiki(フォルダ。サービス再開を早めるため、バックアップ元と同じ環境を作っている)

IPアドレス:172.16.161.19

手順1 代用PCの/etc/ssh/sshd_configファイルを下記のとおり修正します。

#PermitRootLogin yes の#を削除します。   

手順2 サーバで秘密鍵と公開鍵のペアを作成します。

[root@~]# ssh-keygen -t rsa

Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/root/.ssh/id_rsa): 「Enter」キーを押します。

Enter passphrase (empty for no passphrase): 「Enter」キーを押します。

Enter same passphrase again: 「Enter」キーを押します。

Your identification has been saved in /root/.ssh/id_rsa.

Your public key has been saved in /root/.ssh/id_rsa.pub.

The key fingerprint is: ・・・・・・・

手順3 公開鍵をサーバから直接代用PCにコピーします。

[root@~]# scp /root/.ssh/id_rsa.pub 172.16.161.19:/root/.ssh/ 「Enter」キーを押します。

172.16.161.19’s password: 「代用PCのrootパスワードを入力して「Return」キーを押します。」

id_rsa.pub 100% 401 0.4KB/s 00:00 (左記のような表示が出ます。)

※172.16.161.19は「pc@daiyou.jp」のようなホスト名でも可能です。

手順4 代用PCで公開鍵”id_rsa.pub”を “authorized_keys”に追加します。

[root@代用PC]# cat /root/.ssh/id_rsa.pub >> /root/.ssh/authorized_keys

手順5 サーバから代用PCにパスワードなしでログインできるか確認します。

[root@~]# ssh 172.16.161.19

Last login: Tue Sep 09 23:25:00 2008 from ・・・・・. 左記のような表示がでたら、ログイン完了です。

手順6 パスワードなしでログインできたらrsyncでバックアップが取れるか確認します。

[root@~]# rsync -av -e ssh /var/www/cgi-bin/fswiki/ 172.16.161.19:/var/www/cgi-bin/fswiki/

※fswikiの後に「/」を忘れずつけてください。

opening connection・・・・・ 左記のような表示が出たら成功です。

手順7 crontabに自動実行を登録します。

[root@~]# vi /etc/crontab 「Return」キーを押します。

「i」キーを押して編集を開始します。

(例)00 5 * * * root rsync -av -e ssh /var/www/cgi-bin/fswiki/ 172.16.161.19:/var/www/cgi-bin/fswiki/

上記は毎日午前5時にrsyncでバックアップする設定する場合の設定例です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA